ウォーターサーバー選びの達人

ウォーターサーバーの比較+人気ランキング+口コミ

ウォーターサーバーのある生活を満足なものにする選び方

お友達の家に遊びに行ったらお洒落なウォーターサーバーを使っていた!会話の中でウォーターサーバーの話題がでた!調剤薬局で待ち時間にウォーターサーバーを使った!ビックカメラやヤマダ電機でウォーターサーバーのセールスを受けた!など少しでも「ウォーターサーバーってどうなの?」と興味を持つ人は結構いるんじゃないですか?

新しくウォーターサーバーを頼んでみようか検討している人や乗り換えを検討している人たちが、スムーズでより良いウォーターサーバー選びができるようにといった思いから、ウォーターサーバーを使って10年以上(乗り換え経験もあり)の運営者がウォーターサーバーの比較サイトを立ち上げました。

昔に比べてウォーターサーバー会社も増えて、機能もどんどん充実しています。ウォーターサーバー会社毎にメリット、デメリットや向き不向きがありますので、このサイトで詳しく解説していきたいと思います。

お水の種類は何がいい?天然水?RO水?

水を飲む女の人

ウォーターサーバーには天然水RO水の2種類のお水があります。用途、目的や好みによってどちらを選ぶかは様々です。

天然水のウォーターサーバーおすすめはコレ

まず天然水のウォーターサーバーを比較する際は採水地や水の硬度、価格を比較するといいでしょう。当サイトの天然水ウォーターサーバー比較で人気なのはコスモウォーターです。

京都の福知山で取れる軟水で飲みやすく、「日本人好みの味」と評価されています。モンドセレクション金賞を受賞しただけあり、美味しさはお墨付きです。一度飲んでみれば分かりますが、クセが無く抜群の美味しいです。

コスモウォーター

サービス名 コスモウォーター
公式サイト http://www.cosmowater.com/
種類・採水場 天然水/静岡・大分・京都
硬度 30mg/L(軟水)
料金(1L) 158.3円(税抜)

その他の天然水ウォーターサーバー比較一覧はこちらから。

RO水のウォーターサーバーおすすめはコレ

RO水の利点は、天然水のウォーターサーバーと比較して価格が安いことや、「純水」になるまでろ過しているので安全性が高いという点です。不純物がきわめて少ないので赤ちゃんのミルクにも利用できるので、育児中の方がRO水のウォーターサーバーを多く利用しています。

当サイトで人気が高いRO水のウォーターサーバーはアクアクララです。サーバーの種類が豊富で置く場所や部屋の雰囲気を崩さないことや、電気代が安いのが特徴です。

アクアクララサーバー

サービス名 アクアクララ
公式サイト http://www.aquaclara.co.jp/
種類・採水地 RO水 / 全国各地
送料 無料
料金(1L) 154円

ウォーターサーバー人気ランキング

コスト面、サーバーのデザイン性、お水の美味しさ、利便性を総合的にみて、人気があるウォーターサーバーランキングです。

  1. フレシャス
  2. コスモウォーター
  3. クリクラミオ
  4. クリティア
  5. アクアクララ

あなたの家にピッタリのウォーターサーバーを選ぶ

子供(小学生以上)がいる家庭

子供が小学生以上であれば、子供が自分でサーバーからお水を入れて飲めるようになります。お水を飲む習慣がついて、虫歯予防、健康的でとても良いですね。でも最初はチャイルドロック付きが安心!冷水のチャイルドロックはオプションになります。

小学生以上の子供がいる家庭がウォーターサーバーを選ぶポイント

  • 1ヶ月のお水代
  • 停電時にお水が使える
  • 温水・冷水にチャイルドロックがある

子供がいる家庭向けウォーターサーバーと言えば⇒コスモウォーター

赤ちゃん向きウォーターサーバー

ミルクや離乳食に使える赤ちゃんのおなかに優しいお水のウォーターサーバーが増えてきました!お湯だけでなく冷水をそのままミルクに使ってOKなので、ミルクの温度合わせがとっても楽で赤ちゃんを待たせることなくミルクをあげれます。

赤ちゃん向けウォーターサーバーを選ぶポイント

  • 粉ミルクの調乳に使える
  • お水とサーバーが衛生的。放射能検査など品質管理が厳重
  • 災害時にお水が使える

赤ちゃん向けウォーターサーバーと言えば⇒フレシャス

一人暮らし向けのウォーターサーバー

ひとり暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶ時によくある失敗がお水の注文数に毎月ノルマがあるウォーターサーバーを選んでしまった・・・ということ。デザイン性やお水の値段だけでなく、配送システムが自分の生活スタイルにあう会社を選ぶのがポイント。

一人暮らし向けのウォーターサーバーを選ぶポイント

  • お水を1本~注文できる
  • 配送日を指定できる
  • 使いきりボトルで空ボトル置き場が不要

一人暮らし向けウォーターサーバーと言えば⇒フレシャス

ウォーターサーバーにはお水代、レンタルサーバー代、電気代、配送料、メンテナンス代など、トータルコストを調べると意外に高くなる。自分の生活スタイルに合うウォーターサーバーを選ぶのが、トータルコストを減らすコツです。

格安ウォーターサーバーを選ぶポイント

  • 水代だけでなくトータルコストが安い
  • お水の注文本数のノルマがない
  • 送料がかからない

格安のウォーターサーバーと言えば⇒アルピナウォーター

公開日:
最終更新日:2018/04/13